2010年05月14日

藤薫る春日大社 "砂ずりの藤”満開を迎える(産経新聞)

【麗し大和】

 薄紫の花穂(かすい)を垂らし、香り豊かに咲く姿は貴婦人のよう。藤の名所、春日大社の「砂ずりの藤」が、満開を迎えている。今年は4月の寒さが影響し、見ごろが少し伸びているそうだ。

  [フォト]春日大社の本殿後ろに自生するヤマフジ

 春日大社と藤は縁が深い。公的には平城京の守護のため、私的には藤原鎌足を祖とする藤原氏の氏神として768年、時の左大臣、藤原永手(ながて)によって創建されたと伝えられる。それ以前も春日山(御蓋山、みかさやま)一帯は聖地で、平城遷都後は山頂に中臣氏(鎌足の出身氏)ゆかりの茨城県・鹿島神宮から御祭神の武甕槌命(たけみかづちのみこと)を迎え、まつっていたそうだ。

 藤原氏といえば、江戸時代まで千年以上にわたって貴族社会を席巻した氏族。その繁栄を見れば、霊験あらたかといえるだろう。平安京に都が移っても、一族の氏の長者や摂政関白らが「春日詣(かすがもうで)」に赴き、かの藤原道長も訪れた。

 その境内は藤でいっぱいだ。社紋は「下がり藤」だし、神職の衣装や巫女(みこ)のかんざしには藤があしらわれ、萬葉植物園では早咲きから遅咲きまで約20品種、約200本の藤が参拝客の目を楽しませている。そういえば、藤原氏出身の紫式部が書いた源氏物語では、主人公・光源氏のあこがれの女性は「藤壺」だったっけ。

 藤は日一日と房を長く伸ばして咲くため、昔から長寿のシンボルとされてきた。確かに藤棚の下に立ち、華やかな香りに包まれると寿命もなんだか延びそうな…。(文 山上直子)

【関連:「麗し大和」】
慈悲の花咲く法華寺で、ふっくらとした光明皇后に出会う
法隆寺だけじゃない、斑鳩の塔ものがたり
1300年を超えた法起寺三重塔
吉野桜に魅入られた西行法師
柳生みちの仏たち

医師偽った女逮捕=採用し勤務直前−不足に悩む県立病院に・岩手県警(時事通信)
ホステスの源泉所得税、1億6千万脱税の疑い(読売新聞)
内閣委員長解任案を否決=衆院(時事通信)
海賊版「アバター」DVD販売=容疑の男、逮捕逃れ店舗転々−大阪府警(時事通信)
介護基盤整備などで厚労省からヒアリング―民主・介護議連(医療介護CBニュース)
posted by エナリ リョウジ at 17:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。